借金と上手に付き合う借入ガイド。

借金せざるを得ない時には賢くキャッシングと付き合っていきましょう。

借金と上手に付き合うための10か条!


お金がない!そんな時は誰でもあります。でも、そこから先の選択は人それぞれです。上手に借り入れを利用して苦難を脱出する人。はたまた、無限の借金地獄に陥ってしまう人。そもそも借入は絶対にしない!という強い意志を持っている人。あなたはどのタイプですか?

借入れをする人の様々な理由

借入を行う人の理由は様々です。生活費をローンで借りる人もいれば、ギャンブルに投下する人もいます。
ギャンブルや風俗など私利私欲のためにお金を使う人。ブランドものや化粧品の購買が止められずにライフスタイルそのものが赤字体質の人。事故や病気などで致し方なくお金が必要になってしまった人。理由の良し悪しを含めて借金をする人の背景は本当に多岐にわたります。ですが、これだけは覚えておいてください。「借金は借金でしかない。」良くお金に色はないと言いますけど、借金も同様です。良い借金も悪い借金もなく、すべての借金はやはりどんなに理由をこねくり回してみてもお金を借りているという状況を表すだけなのです。つまり、借金にも良い悪いの色がないのです。

しばしば、事業を起こすために、病気の治療のために、未来の投資のためにと、前向きな理由や致し方ない不幸な理由であれば借金をしても仕方がない・・・と考えている人が多いのですが、現実はそう甘くはなく。たとえどんな理由があろうとも、それがギャンブルであろうが、病気の治療の為だろうが、全てに関係なしに平等に債務者にのしかかってきます。

しょっぱなからかなりキツイ物言いをしてしまいましたが、最低限、これくらいのことは押さえておいてください。それほどまでに借金をするということは大きなことなのです。例えそれが1万円でも10万円でも変わりません。借金があるのか、それともないのか?最初の分岐はすでにそこにあるのですから。


My Recommends−−−−−−−−
交通事故 弁護士 熊本・・もし交通事故に遭ってしまったら?熊本で交通事故対応と言ったら山崎法律事務所にお任せください。
−−−−−−−−

金持ちだからって豪華な暮らしをするわけではない

去年知り合いになった人で、FXで年間に億以上稼いでいるという人がいる。その人は見た目ふつうの青年(20代)で、そのへんにいる20代と見た目がぜんぜん同じだし、むしろ貧乏そうにさえ見える。まさか億稼いでいるなんて信じがたいルックスなのだ。生活ぶりも質素なもので、なぜかレオパレスに住んでいる。レオパレスといったら、ネットの回線は棟で共有だし、隣人の騒音がうるさいだろうから引っ越したほうがいいと思うのだけど、本人的には慣れた環境がいいのだそうだ。

でもネット回線が共有というのはいかがなものかと思う。だって、他の住人が同時にネットに接続している時間帯は約定のタイミングが遅れる危険性があるじゃないか。1pipsで1万円くらいの枚数ポジションを持っていると言っていたからたぶん100枚単位でポジションを保有していると思うのだが、回線が混み合っているせいで約定が遅れて損することがあるということ。本人は逆に得することもあるから別にいいなんて言っていたけど・・感覚がおかしな人だなと思った。

でも、これって結局自分の価値観に合うか合わないかでしかない。彼は1億も稼いでいるのでレオパレスに好んで住んでいるわけで、私は借金があるくせに部屋のオートロックがないと物騒だとかわけのわからないこだわりを見せている。挙句の果てに消費者金融への利息の支払いも滞っている。

アルバイトでもキャッシングできます。

上司のパワハラで勤めていた会社を退職してからはずっとアルバイトで生活しています。年を食っているので再就職もうまくいきません。アルバイトだと収入が低いので急な出費があると生活費が足りなくなることがあります。そういうときにキャッシングを利用しています。アルバイトだと審査に通りにくいというイメージがあります。しかし、アルバイトだからといって絶対審査に落ちるわけではありません。アルバイトも長期に渡って働き続けていれば安定した収入があるとみなされて審査に通り融資を受けることが出来ます。私の場合は、一年ほど同じ会社で働き続けていたのでバイトでも審査に合格してキャッシングを受けることが出来ました。ただ、一度に大きな金額を借りてしまうと返済期間も長くなり返すのが大変になります。必要なときに必要な額だけをキャッシングして毎月少しずつ返済するようにしています。短期のバイトを掛け持ちしてお金に余裕のあるときは、多めに返済してなるべく利息を抑えるように気をつけています。さて、というわけで今すぐお金を借りる必要がある方は、キャッシングまとめサイトで自分が借りられる人かどうか?を確認しましょう!

消費者金融を利用する際にはどうしてもイメージとして怖いというものがあると思います。その原因は大抵厳しい取立てがあるのではないかというところにあると思います。もちろん一昔前のドラマや漫画の読みすぎがそうしたイメージを持ってしまう最大の原因だと思います。夜中に突然家までやってきて返済の催促をしてきたり、怖いお兄さんたちに事務所に連行されて暴行される、勤務先まで電話がかかってくる… しかし近年はそうした怖い取立てのケースは圧倒的に少なくなってきています。監督官庁の注意が隅々まで届くようになってきていて、そうした不法な取立てが日常化していると摘発される恐れが出てきているためです。 かといって返済しないで済ますわけには行きません。返済が遅れるといわゆるブラックリストに載るようになってしまい、あちこちの金融機関から借り入れができないようになってしまいます。金融機関の情報共有はスピードが速くて、すぐに新規借り入れができなくなるので返済期限は必ず守りましょう。※注意:専業主婦でも借りられるかどうかは総量規制の辛みがありますのでご確認ください。